魚の油DHAとEPAは健康に良いことで知られていますが、実は女性には嬉しい効果も秘められています。

血行促進効果がありますから、血液サラサラになってくれて肌の隅々にまで栄養を届けてくれるようになります。

そのおかげで、肌のターンオーバーが活性化されて、シミやくすみの悩みを改善しやすくしてくれます。

また、血液の流れが良くなると老廃物の排出もしっかり行われるようになり、体の中からデトックスできます。

これは肌にも良い影響を与えてくれて、毛穴に皮脂や古い角質などが詰まりにくくなり、ニキビ予防にも役立ってくれます。

肌の乾燥は肌内の水分不足に加えて、皮脂の分泌が少ないことも原因の一つです。

DHAとEPAが良質な脂質ですから保湿にもひと役買ってくれて、皮脂の分泌が正常化されて肌が乾燥しにくくなります。

肌のバリア機能も向上しますから外的刺激に弱い敏感肌の症状も和らいできて、刺激に強い肌にしてくれます。

ストレスなどで精神的な負担がかかってしまうと、肌にも影響を及ぼします。

DHAやEPAは精神のバランスを整えるサポートもしてくれますから、ストレス解消にもつながり肌荒れを防止してくれます。

生魚で摂るのが好ましいと言うけれど

ある程度の年になったら、DHAやEPAをしっかりと摂ることが必要だと言われています。子供の場合も、出来るだけ摂るようにした方がいいとも言われます。そしてこれらは青魚などに代表される魚に、多く含まれていると言われています。

しかし、青魚が安く手に入ったのは昔の事、今ではそれなりのお値段がします。毎日魚を購入するのも、経済的にかなり難しいとも言えます。ならばサプリでと割り切ることも出来ますが、やはり出来れば食事で摂ったほうがと考える方もいるでしょう。

その解決策として、魚の缶詰を利用したメニューでの対応は如何でしょう。缶詰だとお値段もリーズナブルですし、DHAやEPAも充分に含まれています。しかも缶詰によっては、含まれている成分の分量も記載されていますので、摂取量の見当もついてくれるのがありがたいですね。セールの時などにまとめ買いをしておけば、お財布にも優しいのも嬉しい限りです。

そのまま食べるのは美味しく無いし、自分で味付けはしたいと言う方の場合、水煮のさば缶やさけ缶を利用すれば好みの味に調理が出来ます。捌くことも必要無く、簡単に調理できる缶詰での摂取を帆一考されては如何でしょうか。