最近良くイワシを食べるようになりました。青魚にはDHAが多く含まれていることは知っていましたが、余り気にもとめることなく食生活を送っていました。

イワシ骨が多く、あまり食べるところが少ないのでイワシよりサンマの方を食べていました。

しかしイワシを買ってどうやって食べることがいいのか迷っていた時に思いついたのは天日干しです。

イワシ一度イワシを天日干しをすることで、とても脂がのり骨まで食べることが出来るので気に入って食べる機会が増えました。カリシウムもたっぷりとることが出きます。

イワシは腸わたを取り除き、開いて塩もまんべんなくまぶします。イワシをざるに入れて外で半日程天日干しすることでイワシの身からったっぷり脂が出てきます。

あとは焼いて食べるだけなので、簡単でヘルシーに食べることが出来ます。

イワシにたくさん含まれるDHAやEPAが生活習慣を防ぐ効果もあり、血液サラサラ効果、脂肪燃焼効果、コレステロール値改善効果、中性脂肪を低下させる効果があることを知り健康に気を使うよになりました。DHAやEPAで脳を活性化もあることを知り、多く摂りいれたい食品なので意識して体の中に入れていきたいです。

DHAは1日の摂取量に気を付けよう

DHAというのは健康などに大きな効果を発揮してくれて、非常に大きな役割を持っている成分ではありますが、多く摂れば良いというものではないのです。

1日の摂取量の目安というものが決まっているので、それを守りながら摂取していくことが求められます。日本人の場合には1日の摂取量が1gまでとされています。

海外の人たちはもう少し摂っても大丈夫とされている面もありますけど、日本人の体質を考慮した場合には1日1gというのが目安となっているのです。

ただ、1日1gを超えたらダメなのか?というと、そこまで細かく禁止されているわけではないようで、1日3gを超えるとマズイそうなので、3gは絶対に超えないようにしないといけません。しかし、1日1gを超えても即材に身体に影響があるということではないと思います。

しかし、目安となっている数字ではあるので、過剰に摂りすぎるとよくないという意味では、DHAを摂取するときには1日1g以内に収められるように努力をしてもらいたいと思います。

多く摂れば良いと勘違いしている人もいるかもしれませんから、そこは知っておきましょう。